Supiritual Market > 名古屋スピマ > スピマの歩き方

スピマの歩き方

スピマに出かける前に

①聞きたいことを明確に決める

漠然と運気などを聞くよりも 
知りたいこと、自分の目的などを明確に決めていけば、
具体的な結果への近道。
満足度も高まります。

②心を開いて素直に相談する

『素直に話す』ことが大事。
相手とまっすぐ向き合うことは
知りたい答えを見つけるためには
必要なことなのです。

③最後に答えを出すのは自分と心得る

セラピーや占いは、
あくまで自分の中の答えを整理したり背中を押して
もらうもの。答えを丸投げにするのはNG。

 

ここに注意!

完全に依存しないこと

言われたことを鵜呑みにするのではなく
その中から 自分にとって “必要” と思うことを
自分で選ぶことが大切です!

 

ホームページで最新情報をチェック!

せっかく行くのだからこそ、スピマをまるごと楽しみたい・・・。
自分にぴったりのブース選びって?
事前のチェックポイントとは・・・。

◆ホームページではここをチェック!

●出展ブース一覧

出展ブースの情報収集で 便利なのが、
各地スピマの 『出展ブース一覧』 ページ。
ブースのサービスの内容や
いくらで受けられるのかなどを紹介しています。
文面などからも その人柄や雰囲気を感じることはできます。
また、事前予約による割引サービスを行っているブースもあります。

出展ブース一覧ページは 日々更新していますので
直前まで要チェックです!

●スペシャルプログラム情報

スピマのスペシャルプログラムでは
どのセミナーも入場券のみで無料でご参加いただけます。
セミナーの時間を事前にチェックしておいて スケジュールに入れてみて!
 

実際に行ってみよう!

会場内で歩きながら 感じてみよう

情報を入手したら、実際にスピマ会場へGO!
ブースでの注意点、活用方法のポイントとは。

①セラピストや占い師の人柄、ブースの様子をチェック

身なり、言葉づかいはもちろんですが
もう一つの注目ポイントはブース全体から感じられる雰囲気。
ブースの雰囲気は その 「 人となり 」 があらわれます。 

②事前に値段を確認する

ほとんどのブースでは、
わかりやすいようにメニューや値段を記した看板が出ています。
セッションや占いを開始する前には
念のため 受けるサービスの内容と値段・延長料金のシステムなどを
必ず確認しましょう。

③席が埋まっていたら予約も有効

すでに他のお客様が席に座っていて
すぐにセッションや占いが受けられない場合は
ブースにある予約表で予約を入れることもできます。
(ブースによっては予約表を用意してない場合もありますのでご了承ください)

④いろいろなブースに行って試してみる

サロン、占い処には相性があります。
一つのブースでの結果がすべてと決めつけず、
いろいろ試してみて相性のよいブースを探してみるのも大切です。

複数のブースで得た意見を比べて
セカンドオピニオン(第2意見)として参考にするのも◎。

スピマでは一日に複数のブースをお試しできるのが魅力のひとつ。
お気に入り探しがとっても便利にできちゃいます。

⑤スペシャルプログラムに参加してみよう

スピマのスペシャルプログラムは
最新のセミナーや話題のワークショップなどが
入場券のみで無料でご参加いただけます。
一日のスケジュールの中に組み込んでみてくださいね♪

⑥3ブースまわったらプレゼントをゲット!

有料のサービスを受けたり商品を買った際には
受付で配布のスピマガイドにブースのサイン・スタンプをもらって。
3つ集まったら 受付までどうぞ!
プレゼントを差し上げます。
※但し こちらは有料入場券を購入いただいたお客様に向けてのサービスと
なっています。
  

ここに注意!

直感で「イヤ」と思ったらやめる

直感は意外と当たります。
少しでも違和感を感じたら やめて正解。
不思議と自分と波長のあうスポットには引きよせられるもの。
直感を信じましょう。

ここに注意!

ネガティブな意見はあまり気にしない!

『不幸になる』『~しなければダメ』など
ネガティブなことをいう人には要注意。
マイナスな結果が出ても、
打開方法を一緒に考えてくれるのが
セラピスト・占い師の正しい姿です。

ここに注意!

セラピー・占いなどの効果は各自によって異なります。

スピリチュアル・マーケット会場内でのサービスは
自己責任においてご利用いただくものであり
お客様は自らの意志および責任のもとご利用ください。

 

万が一 トラブルになってしまったら

万が一トラブルになった時の対処法を覚えておこう。

①勇気をだして意見を伝える

勇気をだして、納得がいかないことは
意見を伝えることが大事です。

②『スピマSOS!』に相談する

受付に 「スピマ sos!」 を開設しています。
万が一のトラブルだけでなく
スピマ会場内のハテナ(?)にもお答えしています。

ここに注意!

きちんと断る勇気を持つ

必要ないもの、納得できないものは断る勇気を持ちましょう。

 

それでは スピマでお会いいたしましょう!



スピマのトップに戻る名古屋スピマトップ