「My favorite things  ~私のお気に入り」


映画サウンド オブ ミュージックの中の名曲
「My favorite things~  私のお気に入り」は私が子供の頃から大好きな歌。

激しい雷の音を怖がり、子供達が次々と家庭教師マリアの部屋へ逃げ込んでくるシーン。
そこで怖がる子供達にマリアが歌う。

怖い時、悲しい時は、
自分の大好きな物を思い浮かべれば
最高の気分になるという歌だ。

マリアの大好きなものは、
バラに光る美しい雨の雫や
子猫のかわいいおひげなどで、
高価なお宝ではなく
身の回りにあるちょっとしたお気に入りの物。

そんなちょっとした自分のお気に入りが、
悲しい気持ちを楽しい気持ちに変えてくれる
とマリアは歌の中で語る。

久しぶりにこの映画を見ながら、
ふと私のお気に入りは何かと考えた。

朝の霧
様々な太陽の光り

秋刀魚のにぎり
乾杯のビール
昼間のシャンパン

毛むくじゃらの蕾から咲きでるポピー
三日月
赤ワインとブラックチョコレート
etc…

「こんな物はお気に入りにはいるのか?」とも考えたが、
自分が「良いな~」と思ったものは
みんなお気に入りにしようと決めた。

確かに、お気に入りの物たちを思い浮かべると、
私の気持ちもふわっと軽くなった。

そういえば以前読んだコラムの中で、
「時に人は幸せより不幸を見つめがちだが、
不幸からは幸せは生まれない。」という言葉があった。

これだけ沢山のものが溢れる世の中。
でもその中で、大好きなものを見つける事が出来る事は、
なんだかあらためて凄い事のような気がする。

そうだ!秋の長夜、
大好きな物を書き出してリストにしてみるのも楽しいな。

「 どんなお気に入りを書いた?」
って友人のお気に入りも見てみたいな。

「 これもいいね〜」って、自分のお気に入りも膨らむかも・・・

Let’s try !!

コメントは受け付けていません。