アクティブシニア


最近の60歳ぐらいからの方達を
アクティブシニアと呼ぶという。

息子・娘夫婦はというと、
若いうちから責任ある仕事を任されて、
休日は疲れきっている。

そうなるとアクティブシニアの
おじいちゃんおばあちゃんの出番だ。

スポーツカーで颯爽とお迎えに現れて、
孫達を遊びに連れて行ってくれるらしい。

そういえば、
私の通うヨガ教室にも
アクティブシニアの方達が沢山いる。

みなさん 体も柔らかく
難しいポーズを次々とこなす。

若者の街 渋谷にあるパソコン教室にも
新しいノートパソコンとメモ帳を持って
沢山のアクティブシニアの方達が集まる。

皆さん好奇心があり
とっても生き生きとしている。

35年ぐらい前、亡き祖母は、
赤いちゃんちゃんこと帽子をかぶり
還暦を祝った。

あの頃の60歳と今とでは、
20歳位も若返っている気がする。

人生の先輩である方達が
ハツラツとして楽しんでいるのを見ると、
なぜだかとっても嬉しい。
年をとるのもいいもんだと思えてくる。

シニア世代の方々は
私たちアダルト世代の将来に光を放ってくれている。

年をとってあの人のような生活がしたいな…
あんな人間関係をつくっていきたいな…

人生後半の設計図が明るくなる。

私も若者に
「 あんな素敵な40代になりたいわ~ 」
と思われるような魅力的な生き方をしたいな

働く


先日、近所で行われたバザーに出かけた。

色々なお店が並ぶ中、
子供達がお手伝いをしているパン屋さんがあった。

「 手作りのパン 」と書かれたそのパンは、
彼らも手伝って作ったのであろうか
幾分いびつな形をしていた。

その愛らしい形に惹かれ、
お金を払い、子供達からパンを受け取る。

その瞬間、お手伝いをしていた子供達が急に
「やったー!」と喜び、
隣の子供に抱きついてぴよんぴよん飛び跳ねた。
多分私がその日初めてのお客さんだったのだろう。

その愛らしい光景をみて、
なんだか心にじーーんと来た。

仕事ってこうだよね!
これが仕事だよね!

仕事が出来ること
そのこと自体が喜びだった。
人にそれが受け入れられたことの喜び…
お金を頂いた時の喜び…

長い事仕事をしていると
仕事=背負うものとなり
忘れてしまっていた
あの感謝の気持ち。

この冬 長男が就職活動を開始した。
まだまだ就職難のこの時代、
無事に就職先が見つかる事を祈るばかりだ。

彼の就職が決まり、社会人になれたなら
是非とも最初のあの気持ちを感じて欲しいと思う。
生活のためだけに仕事をしいるのではない事。
仕事をする そのこと自体が喜びであること。

そして私は・・・
息子に求める前に自らが忘れない事。

わかってますよ~! 頑張ります!