決める


電車が遅れた。
「走れっーー!!」
乗り継ぎの電車に向かって猛ダッシュ!!

プワーーン…
無情にも電車は目の前で行ってしまった。

ゼイゼイゼイ…
「 頑張って走ったけど、残念~!!
まぁ電車が遅れたんだから
しょうがないよね!」

と連れの顔をのぞき込むと
「 何があっても行くと決めたら行くんだよ!
絶対にその電車にに乗るんだ!!
という気持ちが足りなかったんだ」と言われた。

「ムッーーー!
一生懸命に走ったのに。
電車が遅れたせいなのに!
私のせいじゃないのに!」
とても腹が立った。

…ん?
以前同じような事があったっけ。
乗り継ぎの特急電車で待ち合わせ。
これに乗らないと
絶対にまずい状況。

これまた電車が遅れ、すでに特急電車の発車時刻をまわり
特急への乗り継ぎは絶望的となった。

「 でも、ぜぇっーーたいに乗るーー!!」

と走り込むと、
なんと特急電車も遅れていて
その電車に乗る事が出来た。

その事に気づいて以来、
私は朝に今日一日を決めてから過ごすことにした。

決める…
何の言い訳も無く
何の遠慮もなく
ただそう決めると、
そう出来る。

夢が叶う人は
覚悟が出来ていると聞く。
覚悟とは、決める事。

でも、もう若くないしーー
でも、自信がないしーー
でも、電車が遅れたしーー

「 でもーー、」
が付くと実現しない。
何の言い訳も無く
ただただ覚悟を決める。

決める のは
神様でも運命でもなく
「 自分 」だ。

今朝閃いた。
昼間必死に働いて、夜、最後に美味しいビールを飲む!
「 今日は、これ!! 」