巣立ち


毎年春の終わりの頃になると
近くの川でカモが子育てをはじめる。

今年は1羽の雛、4羽の雛、7羽の雛、9羽の雛、
と4つのカモ家族に会うことが出来た。

カモの家族が現れると
川沿いを歩いている人たちは
歩みを止めて川の柵に身を乗り出して
写真やビデオを撮ったり、
餌のパンを投げたりしている。

そして、いつもはすれ違うだけの人とも
「今日は上流に7羽の家族がいましたよ」とか
「昨日の大雨でカモ達を心配していたんだけど
無事でしたよ!」とカモ話で盛り上がり、仲良くなっていく。

ちびガモは、常に塊になって親ガモの後ろをくっついていく。
その愛らしい姿にみなメロメロ〜

親ガモ達は、毎日違うシチュエーションで
ちびガモにいろいろな事を教えていた。

ある日は、川の逆のぼり。
川の流れに逆らって川の段差を登るお稽古。
まだまだ小さいちびガモ達は、川に流されみな失敗。

次の日は、素潜り練習をやっていた。
また別の日は、川岸をずーーっと歩く歩行訓練。

巣立ちの前に教えておくべき事を
計画立てて教えているように思う。

そうこうしているうちに
ちびガモ達もだいぶ大きくなってきて
泳ぎも上手に、そして早くなってきた。

今、親ガモは一番後ろに付いて泳いでいる。
ちびガモ達の巣立ちも間近なのだろう。

我が家にも もう随分前からちびでは無くなった息子達がいる。
就職が決まった長男は、来年この家を巣立つ。

巣立ちの前に教えておくべき事を全て教えられたのか?

カモでも人間でも誰もが必ず通らねばならない “ 巣立ち “。
そして、巣立ちの後には独り立ちが待っている。

ある記事によると、子の独り立ちに際し
「子の親離れ」より「親の子離れ」が出来ないケースの方が多いそうだ。

少なくとも息子達の足かせになるのだけは避けよう。

私は・・・
さぁ仕事!仕事!
今日も忙しくなるぞ〜!