仕事


みんなのお母さんのような
おばちゃんが働いているコンビニがある。

コンビニは名前の通り
とっても便利。

でも昔の商店にあったような
人と人とのつながりは、あまり感じられない。

そのお店もバイトの若者が次々と代わる。

そんな中 おばちゃんは
もうだいぶ長くそこで働いている。

お盆の時期
田舎に荷物を送る人があると、
「今年はどのぐらい田舎にいるの?またバスで帰るの?」
と話しかける。

暑い日、お昼のお弁当を買いに来た
鳶職のお兄ちゃんにも
「今日は暑いから気をつけてね!」
と一言声をかける。

親元離れて東京に一人暮らし。
コンビにのお弁当を買って一人で食べる。

そんな時、
おばちゃんの一言は
嬉しいのだろうな~
と、若者の表情を見て思う。

最近、若者がバイト先で撮ったとんでもない写真が
ツイッターに載り世間を騒がしている。

ピザ屋さんのバイトが
顔にピザ生地をくっつけている写真を載せ
「ピザって息が出来ないんだ!」
とつぶやく…

お弁当屋さんの大きな冷蔵庫に
自分が入っている写真を載せる…
(周りには食材が…)

載せたバイトの子達は
バイト先を解雇される。
賠償金を払わされる。

でも次々と同じような事が起こる。
なんで?
世間から注目されるから?
話題の人になれるから?

そこには、仕事が出来る事に対して
そして
仕事を通して人に触れ合える事に対して
感謝の気持ちが微塵も感じられない…

仕事は人と人で繋がっている
心と心で繋がっていることを痛感した。

おばちゃ〜ん。ありがとうございます!!

今日もおばちゃんの居るコンビに足が向かう。