感動センサー


先日、母親に電話をしてみると
実家近くにある川辺を歩いているところだった。

俳句が趣味の母親は、
机に向かって考えていても
これ!!といったものは出て来ないので
やって来たそうだ。

春の息吹を五感で感じ、
心が動いてこそ、
良いと思う句が出てくるらしい。

心が動く…
それは、様々なものの中に隠れている
感動を見つけること。

あたりまえのようにやり過ごしている
日常の風景や出来事。

その中で、ほんの一瞬、輝く物事に
心の感動センサーがピピピッと反応し、
すばらしい俳句や、写真、絵が描かれるのだと
彼女は言う。

俳句を通して
彼女の感動センサーは磨かれている。

心の感動とは、
外側にある風景や出来事だけでは起こらない。
心の内側にある感動するセンサーが反応して
はじめて心が動くということを、
あらためて彼女の言葉から気付かされた。

「 感動センサーって大事だな〜 」

忙しさにかまけて
センサーは錆び付いてはいないか?
スムースに起動する心の余裕はあるか?

季節はちょうど早春の頃。
大地から湧き上がる
春のエネルギーを感じながら
センサーの点検してみよーーっと!