「 もっと楽しもう! 」


試合本番、
普段通りのパフォーマンスが出来ないスポーツ選手。

いつもは力みがなく、いい感じなのだが
本番になると力が入ってしまう彼。
そんな彼に永井氏が言った一言は、
「もっと楽しめ!」だった。

「 楽しめって言ってもな~
あんな緊張する場面でどうやって楽しむ事ができるんだ!?」
と私は心の中でつぶやいた。

ところが、この「楽しむ」は、
私の思っていた ワクワク、ルンルン♪するという事とは、
随分と違うものだった。

私の知人に、
時間をつくっては、釣り堀に通っている
釣り好きの方がいる。
寒~い真冬でも、朝から暑~い真夏でも、
小さな池でヘラブナ釣りを楽しんでいる。

何がそんなに楽しいの!?
と聞いたことがある。

すると、
餌を練る時の水加減次第で魚の釣れ方が違うとか、
浮きの具合を変えるとよく釣れるとか、
「 さあ釣るぞ! 」と意気込むと釣れないとか,

色々な工夫をして
魚に挑戦しているのが楽しいと言っていた。

「 もっと楽しめ! 」という事は、
「もっと工夫しろ!」ということだった。

そー言えば、以前見ていたドラマでもそんな場面があった。
後に天皇の料理番となる主人公が、まだ小僧さんだった頃。
料理は教えてもらえず、
来る日も来る日も皿洗いと小間使い…

そんな仕事が嫌で、
ふてくされながら過ごしていた日々。

ところが、真心を腹に据え
仕事を見てみると、気配りが出来るようになり、
先輩達に喜んでもらえるようになった。

そこで、
もっと喜んでもらうには、どうしたら良いんだろう?
と工夫をしているうちに、仕事が楽しくて楽しくて仕方なくなった。

仕事を楽しむ。
試合を楽しむ。
毎日を楽しむ。

工夫次第で楽しみになったり、
プレッシャーになったり、
つまらなくなったりする。

さて、私は何を楽しもうか!
まずは身近なものから・・・

そうだ!秋も深まってきたし、
おしゃれにスポーツに
美味しい料理〜!!