魔法使い


小さい頃大好きだった
アメリカのコメディードラマ「奥様は魔女」

奥様の名前はサマンサ。
そして、旦那様の名前はダーリン。
ごく 普通のふたりは、
ごく普通の恋をし、
ごく普通の結婚をしました。
でも、ただひとつ違っ ていたのは、奥様は…魔女だったのです。

という有名なオープニングではじまるあのドラマが
久しぶりにテレビで放送されている。

「 人間なんぞと結婚し、地球に住むなんて!」
と魔女サマンサのママは常に嘆く。
人間は魔女に比べると劣った動物だというのだ。

しかし、サマンサは
魔法で出したすごい毛皮や、宝石よりも
ダーリンが働いて買ってくれた
プレゼントの方がずっと嬉しい♡と言う。

人間だからたまには
他の美人さんにクラクラしたり、
調子に乗ったり
悪い事もする…
それでも人間であるダーリンが好きだと。

魔法使いから見ると劣っていると思われている人間。
でも、人間でないと出来ない人生を、
そして、人間でないと味わえない世界を、
私達は体験している。

私は小さい頃、魔法使いになりたかった。

一瞬にして欲しい物が手に入り、
行きたい所へサッと行ける。
周りから嫌なものがパッと無くなり、
なりたい自分にスットなれる。

「 そんな風になれたらな〜 」

でも、全ての望みが
一瞬に叶ってしまったら、
それは本当に楽しい事なのかしら・・・

欲しいものを得るため、
なりたい自分になる為、
そこに至までのさまざまな出来事・・・

もしかしたら、
それが一番の楽しみなのかもしれない。

人間は
道のりを経て、一歩一歩
夢に向かって進んで行く。

一瞬でないので、
魔法に感じないかもしれないが、
本当はすごい魔法なのかも。

私は、焦らず、
この道のりをウォーキングしていこう!

いろいろな景色を味わいながら・・・