彼氏が浮気しているかもしれない!その兆候と見抜くポイント

彼氏の浮気の兆候が知りたい

「最近彼氏の様子がどことなく変わった気がする」、「自分と居てもなんだかうわの空だ」など、なんとなく様子が変だなと感じるとき、彼氏が浮気しているのかもしれないと考えるのは当然のことでしょう。

だからと言って、彼氏に直接聞いたりしても本当のことを言ってくれるはずがないので、自分でチェックするほかありません。

浮気に気がつくのが早ければ早いほど、浮気相手との関係も進んでいないので、泥沼化せずに済むはずです。

この記事では、よく見られる浮気の兆候を記載しています。

彼氏の浮気 怪しい行動パターン

浮気をしている人は、浮気を隠そうとするため、日常の行動が怪しくなっています。

今まではしなかったこと、不自然な行動など、よく観察してみる必要があります。

常にスマホを持ち歩くようになった

最も分かりやすいのは、スマホ(携帯電話)の扱い方の変化です。浮気をしている場合、必ずと言っていいほどスマホ(携帯電話)で相手と連絡をとっているので、スマホ(携帯電話)は、彼女には絶対に見られたくないアイテムと言えるでしょう。

ただし、「常にスマホ(携帯電話)に来る連絡を気にしている」というだけでは、仕事柄、常に連絡を気にしていないといけない人もいますし、浮気をしているとは言い切れません。

そこで、注目すべき点として、スマホの置き位置が挙げられます。以前はテーブルに起きっぱなしだったのに、家の中でも肌身離さず持ち歩いたり、トイレやお風呂にまでスマホを持ち込むようになったら要注意です。

また、今までは画面を上にして置いていたのに伏せて置くようになったり、一緒にいるときにスマホを触らなくなったというのも怪しいと言えます。

服装や小物がオシャレになった

以前はそこまで服装にこだわっていなかったのに、急に格好を気にし始めるのも浮気の兆候の一つです。これまでは着なかった色の洋服を購入したり、ネックレスやブレスレットを身につけ始めるのは、誰かに格好よく見られたいからでしょう。

見たことのないアクセサリーは、浮気相手からのプレゼントの可能性もあります。「これはどうしたの?」と直接聞いてみると効果があるかもしれません。

また、洋服やアクセサリーだけではなく、下着にまでこだわり始めていたら、限りなく黒に近いと言えるでしょう。

会社の飲み会が増えた

「会社の飲み会」や「上司との付き合い」と言って出掛ける回数が増えるのも、浮気の兆候です。仕事だと言われれば疑いづらいですが、頻度が多い場合や、不自然な時間帯から出掛けていく場合は怪しいと言えます。

「何さん?」や「どこで飲むの?」など、具体的な上司の名前や飲み会の場所を聞いて、つついてみるのも有効な手段でしょう。浮気をしている場合、嘘をつくことになりますから、つじつまが合わないなど、ボロが出やすいです。

遠距離恋愛中の彼氏の浮気の兆候

遠距離恋愛中のカップルだと、普段の変化はなかなか確認ができないので、彼氏の家に行ったときが確認のチャンスです。怪しいなと思っている場合は、部屋の隅々までしっかりとチェックすることをおすすめします。

まず、部屋の中が以前と明らかに変わっているのは、浮気の兆候です。

綺麗好きではないのに、片付けられていてとても綺麗になっているのは、浮気相手が部屋に来て掃除をしている場合があります。

また、キッチンに調味料が増えている場合も怪しいと言えます。一人でそんなに料理をするタイプではないのに…と思うのであれば、誰かが部屋に出入りして料理をしている可能性があります。

トイレや洗面台もチェックすべきポイントになります。彼氏が浮気を隠そうとしているのであれば、浮気相手の歯ブラシを置きっぱなしにしていることはまずないと思われますが、案外そこまで気が回らず、浮気相手の忘れ物に気がつかない人もいるようです。

お風呂場へ行くと、旅行用の小さな化粧水類やシャンプーなどが見つかることもあるかもしれません。あとで回収するつもりが、うっかり置きっぱなしにされ、浮気の証拠となるパターンもあります。

浮気がばれないためにLINEを隠すケースが多い

LINEが所有する機能は、自分で細やかに設定することができ、浮気をするには大変便利であると言えます。履歴も簡単に削除ができますし、表示を隠すこともできます。

何よりメッセージのやりとりがしやすいので、浮気相手とはLINEを使って連絡を取り合っている人が多いでしょう。そのため、LINEだけは絶対に人に見られないように自分で設定をしている場合があります。

ここでは、LINEを見られないようにするための手段を記載していきます。そのような兆候が見られれば、浮気をしている可能性があると言えるでしょう。

パスコードを設定する

スマホ自体にパスコードの設定や指紋認証によるロックがかかっていることは周知のことですが、LINE自体にもパスコードを設定することができます。

スマホ本体にもロックをかけ、さらにLINEにもロックをかけるというのはなかなか面倒な作業です。単にセキュリティのための可能性もありますので、見極める必要はありますが、LINEを絶対に見られたくない心理からの行動とも考えられます。

「画像を送ったから見せて」と言って、目の前でパスコードを入力しているようだと心配はありませんが、パスコードを知られたくない素振りが見えた場合は、浮気を隠そうとしている可能性が高いでしょう。

ばれないようにアカウント名を変える

LINEは、やりとりしている相手の名前を自分で変更することができます。元々は浮気相手の名前だったものを、職場の知り合いの名前に変更したり、男性の名前に変更している可能性もあるでしょう。

トークの内容までは確認できないとしても、不自然にやりとりの多い名前は要注意人物だと言えます。

個別に通知をオフにしている

LINEでメッセージが来ても、通知音やお知らせ表示が出ないようにする通知OFF機能を設定している場合があります。通知の頻度が上がれば、彼女に浮気を疑われてしまうため、この機能を使っている人も多いようです。

通知OFF機能は、個別に設定するものなので、浮気相手のものを通知OFFにしておけば、メッセージが来ていることを彼女に気付かれずにやりとりをすることができます。

「なんでこの人だけ?」というような人が通知OFFの設定にされていれば、その人こそが浮気相手である可能性があります。

トーク履歴を非表示設定にしている

トーク履歴を非表示にすることもできます。削除ではなく非表示なので、トイレやお風呂など、一人になれる場所で再表示させて、浮気相手とやりとりをすることが可能です。

しかし、「トーク」には非表示リストが存在しないので、一目見て、誰とのトークを非表示にしているのかは知ることができません。つまり、本人にしか分からないのです。

そのため、浮気相手と睨んでいる人とのトーク履歴を見せるように言っても、「そんな人とのトークはない」と自信満々に画面を見せてくることがあるかもしれません。

彼氏が浮気をしているか注意しながら確認をしてみよう

これらのことに彼氏の行動が当てはまるのであれば、浮気をしている可能性があります。

ただし、勝手にスマホ(携帯電話)を盗み見たり、証拠もないのに激しく問い詰めたりすると、思わぬトラブルに発展しかねないので、まずは慎重に観察してみることをおすすめします。