浮気率を徹底調査!浮気に走ってしまうタイミングについても解説

知っておくと浮気されるのを防げる浮気をされがちな時

恋愛や結婚生活において、浮気は大敵です。浮気によって、家庭崩壊や離婚につながることも珍しくありません。少なくとも、誰かを傷つけ、悲しませていることになり、世間から冷たい目で見られることもあります。

そこでこの記事では浮気防止のために、浮気をしてしまうタイミングについて詳しく取り上げていきます。併せて男女の浮気率も徹底調査しました。浮気を事前に防ぐために、本記事をせひお役立てください。

男女の浮気率

まずは、男女の浮気率について解説します。男性は、浮気願望が高い傾向にあり、世代別であれば、20代は浮気をしている人が多いです。一方、女性は男性と比較するとパーセンテージが落ちますが、浮気している人がいることも事実です。こうした男女の浮気率について詳細をまとめていきましょう。

男性の浮気率

あるデータによれば、浮気願望のある男性は75%という結果が出ています。相模ゴム工業株式会社によるデータでは、男性は26%以上は浮気をしており、中でも20代の男性は、30%の浮気率を超えています。

また、1名と浮気関係になっている人だけではなく、何人も浮気相手がいる人も。男性の浮気率は、女性と比べると高いです。男女問わず浮気相手との出会いは、会社や友達からの紹介がもっとも多く、昨今では、ネットからの浮気も増えています。

参照:http://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/love_sex.html

女性の浮気率

相模ゴム工業株式会社のデータによれば、女性の場合は、80%を超える人が浮気をしていない結果になっています。しかも、世代別でパーセンテージに大きな差はありません。

また、男性と比較すれば、複数の浮気相手がいる人も少ない傾向にあります。若い世代が浮気しているというわけではなく、40代が一番多い結果であることも特徴に挙げられるでしょう。20~60代まで、浮気をしている人は必ずいる結果のデータですので、他の異性を好きになることは、年齢とは無関係です。

参照:http://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/love_sex.html

浮気をしてしまうのはこんな時

浮気しがちなタイミングを男女別に紹介します。浮気をしてしまう時の気持ちについて理解を深めることで、事前に防止することが可能です。自分が浮気しないためにも、あるいは、恋人が浮気に走ってしまわないためにも、浮気しがちなタイミングを理解しましょう。

男性が浮気しがちなタイミング

男性が浮気に走ってしまうタイミングは、自尊心が満たされなくなった時、他者と比較された時、プライドを傷つけられた時などが挙げられます。こうしたことは、職場だけではなく、日常生活でもよくあること。それぞれについて深く掘り下げていきましょう。

自尊心が満たされなくなった時

男性によっては、「褒められたい」「認められたい」という思いが人一倍強いタイプの人がいます。こうした男性であれば、恋人から責められることがあった場合、ひどく傷つき、また自尊心が満たされず、不満が募るでしょう。

そして、自分のことを認めてくれる女性が目の前に現れた時、その人のことを好きになり、浮気することがあります。自尊心を満たしてくれる相手といれば、傷つくことも、疲れることもありません。自信を持っている男性ほどこうした傾向はあり、さらに一人では飽き足らず、複数人と関係を結ぶ可能性もあります。

他の人と比べられた時

別の男性と比較されて、いい気持ちになる男性はあまりいません。「○○さんはお金持ち」「○○くんはイケメン」など、周りの男性を褒めすぎてしまうと、落ち込んでしまい、他者と比べることをしない女性に走ってしまうことがあります。

また、自分の恋人と別の女性を比較して、別の女性のほうが魅力的であれば、浮気することもあるでしょう。すぐに自分と他者を比べる恋人に嫌気が差し、最悪の場合、別れを告げることもあります。人と比べても得することはありませんので、その手のトークは控えたほうが良いでしょう。

プライドを傷つけられた時

自尊心が満たされなくなった時に浮気しがちという話と類似していますが、プライドを傷つけられた時も、男性は別の女性を求める傾向があります。たとえば、恋人の浮気が発覚すれば、「自分は魅力のない人間だ」と落ち込み、プライドが傷つくことになるでしょう。

このタイミングで、まるで恋人に復讐するかのように、浮気に走るのです。実際に浮気をしていないにも関わらず、疑ったタイミングで浮気してしまうこともあります。正直に話したほうが余計なトラブルに発展しないこともありますので、カップル同士できる限り隠しごとはしないようにしましょう

女性が浮気しがちなタイミング

女性が浮気をしてしまうタイミングは、寂しさを感じた時や恋人よりも素敵な男性が現れた時などです。ケンカした時もそうでしょう。男性のように、プライドを傷つけられた時に浮気するわけではありません。

寂しい時

包容力、あるいは安心感は、多くのが女性が男性に求めているものです。もしこれらが恋人からなくなった場合、女性は寂しい気持ちになります。そして、新たな包容力や安心感を求めて、浮気してしまうのです。

長年付き合っていれば、恋人の魅力が段々と失われていくものですが、それを恋愛感情が薄れたと感じてしまい、別の男性に走ってしまうこともあるでしょう。寂しさを埋めるためには、どんどんエスカレートしてしまう女性も中にはいます。

遠距離恋愛をしている場合は、余計に寂しさを感じるのではないでしょうか。会いたい時に会えない遠距離恋愛の関係性は、女性に安心感を与えません。電話やメールでやり取りしても、直接会って話すのとは、ケアのレベルが違います。

彼氏より魅力的な男性が現れた時

「マメに連絡をくれない」「いつもだらしない服装をしている」「デート代をおごってくれない」など、彼氏に対して不満が募っている女性は少なくありません。そんな時、付き合っている男性よりも素敵な人が現れたら、浮気に走ってしまうことがあります。

あるいは、マンネリした関係性にうんざりし、女性としての自信を取り戻すために、別の男性と関係性を持つことがあるでしょう。女性が浮気しがちなタイミングは、不満を感じた時が多い傾向にあります。そして他の男性を好きになった際は、今付き合っている人に対しての気持ちが冷めているものです。

彼氏と喧嘩した時

人間関係は、エゴとエゴとのぶつかり合いになり、ケンカに発展することは珍しくありません。これはカップルでも同様です。ちょっとした相手の言動に腹が立ち、お互いが感情的になってしまいます。

ケンカをした後、すぐに仲直りできれば問題ありませんが、自暴自棄の状態である女性は彼氏に嫌気が差し、他の男性に夢中になることもあるでしょう。

良好な関係性を維持していくためには、時には本音で言い合うことも必要です。本音を伝えることは、優しさでもあります。しかしながら、本音を言われた方は、その内容によっては、腹が立つもの。そして、優しい言葉ばかりをかけてくれる男性に興味を持ちます

浮気されやすいタイミングを知って事前に防ごう

男女別の浮気率を調査すると、男性のほうが多い傾向にあります。そして、若い世代ほど浮気率が高まり、女性は40代がもっとも多いアンケート結果もあります。同アンケートでは、男女ともに、約20%の人が浮気をしていることになります。

男性が浮気をしてしまうのは、自尊心が満たされない、他者と比較された、プライドが傷ついたといったタイミングです。女性であれば、寂しさを感じた、素敵な男性が現れた、恋人とケンカしたというタイミング。こうした浮気されやすいタイミングについて理解を深めることにより、事前に防止することができるでしょう。別れたあとに後悔しても、再縁は不可能かもしれませんので、浮気を事前に防ぐことが一番です。